ポリブデン管とは

ポリブデン管は給水設備工事などに使われるものです。

ポリプロピレンやポリエチレンと似たものですが、これらより分子量が多く、耐久性に優れています。

金属でできたものではないので、錆や腐食の心配はありません。

そのため衛生的でリサイクルが可能です。

どのようなものにリサイクルされているかというと、クリアファイルやバインダー、サドルなどです。

もしかしたら今持っているクリアファイルはポリブデン管が生まれ変わったものかもしれませんよ。

また、ポリブデン管は柔軟性があるので大きな地震が来ても破損しにくいです。

そのため、ポリブデン管を使うことが増えてきています。

扱いやすいこともあり、施工する側も好んで使うようになっているようです。

どんどん良いものが出てきているのですね。

分子量が多いとか専門的な難しいことはわかりませんが、とにかく耐久性があり、扱いやすく衛生的なポリブデン管は給水設備工事には欠かせないものと言えます。